Monthly Archives: November 2015

最近人気の”SINGLE REVO”

2015 MATCHI SHAPESのラインアップの1つ “SINGLE REVO”スクリーンショット-2015-11-17-18.32.03スクリーンショット-2015-11-17-18.44.4211084274_811788305569654_4335944450513322796_n

クラシックなクルーズ感とパフォーマンス性を融合させたネオシングルフィンボード。

この数年パキパキなパフォーマンスショートボードではテイクオフ・ボードコントロールが難しくゆったりとサーフィンしたいサーファーも徐々に増えているみたいですね。年齢ですかね…(笑)

 

ただ、単に乗りやすくするのではなく、しっかりとRailを使ったサーフィンをしなければ、ドライブ感を味わうことはできないでしょう。サーファーとしてはターンのその感覚を味わいたいですもんね。

その感覚をシェアできるのがこの”SINGLE REVO”です。

また、こう言ったシングルフィンのモデルなどは樹脂カラー(ティント・ピグメントなど)、バフといったサーフボードをお化粧してあげるのもオンリーワンのオーダーボードの魅力だと思います。

10801885_747052298709922_6422464784755786168_n10888780_763456553736163_6787961996997955519_nIMG_2557

ここ最近オーダーが多くなってきている”SINGLE REVO”

ぜひこの機会にオーダーされてみてはいかがでしょうか?

IMG_2150

 

 

NAVIGATOR SURFBOARD A&W ORDER FAIR “OPTIONS FREE”開催中!! 12/27まで

aw_orderfair_pop_web4

 

 

SHIDASHITA OPEN OF SURFING 2015 インサイドストーリー

1200年以上の歴史が続く、千葉県指定無形民俗文化財 ”上総十二社祭り”の舞台となる釣ヶ崎海岸、通称志田下ポイントで ”次世代サーファーへのバックアップ”という1つの目標を掲げ、日本の若手サーファーの育成・発掘になるようなハイレベルなコンテストを開催しとうということから初開催されたSHIDASHITA OPEN OF SURFING 2015

SHIDASHITA-OPEN-POSTER-1ST-COMPweb3

今回このコンテストを開催するにあたり、千葉県長生郡一宮町、一宮町サーフィン業組合の後援をはじめ、多くのご協力をいただきました。

また『HURLEY』様が日本で初めてアマチュアサーフィンコンテストのメインスポンサーとしてコンテストをサポートしていただきました。

yoge-2321yoge-2335yoge-2308yoge-2320

 

コンテストは選手を第一優先に考えたいという気持ちでスタッフ一同運営を行いました。もちろん当然のことではありますが、11月のコンテストということもあって少し寒い季節でしたので、風を避けるコンペティタールーム、昼のお弁当には暖かい豚汁をサービスいたしました。

ワールドツアーのようなVIP待遇までは無理なことですが、なるべく参加いただいている選手がリラックスしてコンテストに臨めるような環境を用意してあげることも私たちの課題でした。(初開催のイベントなので至らない点も多くあったと思いますが、来年に向けて修正していきたいと思っております。)

COMP_ROOMTONJIRU

 

 

またコンテストMCにはWSL JAPANでもMCをされている中島豪さんにインフォメーションコールを行っていただき、スムースな進行を行っていただきました。

コンテスト中はMCとBGMでコンテスト会場の”音”にこだわり、居心地の良い空間を演出しました。

yoge-2314

 

ちなみにタイムキーパーは大原洋人プロの母(ユッキー)です。MC

 

BE WET ブースBEWET

 

 

GEEK OUT ブースGEEKOUT

 

 

PATAGONIAブースPATAGONIA

 

コンテスト終了後のビーチクリーンではゴミ袋をPATAGONIAさんにご提供いただきました。

BEACHCEREAN

 

コンテスト会場 志田下BACKSTAGE

“SHIDASHITA OPEN OF SURFING”は選手のためのハイグレードなコンテストを今後も長きにわたり開催し続け、歴史に名を残すようなコンテストにしていきたいと思っております。ただし、全国で開催されているサーフィンコンテストは海を守る地元サーファー、団体、町などの多くのサポートによって開催されていることは認識していただきたいと思います。これはコンテストだけでなく、フリーサーフィンする際も同じで、自然の中で行うスポーツとしてしっかりとしたルール・マナー・モラルを個人個人が理解し、サーフィンをしていただくことが、日本のサーフィンのレベルやクオリティー、評価などを高くすることに繋がるからです。

運営するスタッフ・ジャッジなども選手をリスペクトし、選手もコンテスト自体に敬意をはらい参加すれば、もっと素晴らしいコンテストになると思います。それにより、賛同していただけるスポンサーの方々が増え、選手・スタッフ・関係者等すべての人々が充実し満足できるコンテストが実現できると思います。

今後そのようなコンテストが増えれば、2020年のオリンピック競技として”サーフィン”が世界中の人々にしっかりとPRできるスポーツなると確信いたします。

最後に2015年第1回目の”SHIDASHITA OPEN OF SURFING”にご協賛いただいた企業・メーカー様、誠にありがとうございました。そして今後とも末長く宜しくお願い致します。

(株)4STAR  SHIDASHITA OPEN OF SURFING運営事務局

 

 

 

SHIDASHITA OPEN OF SURFING 2015

 

<オフィシャルスポンサー>

HURLEY

NAVIGATOR SURFBOARD

LSD SURFBOARDS

INSPIRE SURFBOARD

ROCK HOPPER

4DIMENSION

BE WET

MAX XL WATCHES

SURREAL

BLACK FLYS

PATAGONIA

RANSOM WAX

GEEK OUT INC.

JET CHOP

GO PRO

FCS

DESTINATION

CREATURES

 

<メディア>

COLORS MAGAZINE

DELTA FORCE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CORE FOAM X KIRIFLEX

今回NAVIGATOR SURFBOARD A&W ORDER FAIR “OPTIONS FREE”の特典でもあるCORE FOAM X KIRIFLEX

いまいちピンとこない方もいると思いますのでここで説明しておきましょう。

11224850_482936611863460_1328687982182415474_o

従来サーフボードブランクス(サーフボードフォーム)は発泡したウレタンをストリンガーと呼ばれる軸芯でサンドしているものを言う。*その以外もあります。

サーフボードという水中で使用する乗り物は、ほとんどがそのブランクスをFRPで加工したしたものであるが、その乗り味はブランクスの素材(ポリウレタン・ポリスチレン)や形成する樹脂(ポリエステル・エポキシ)の硬さによって変わってくる。

特にサーフボードはしなりが必要とされているのでその”硬さ”というのはすごく重要なことである。

それは今までは発泡ウレタンの発泡密度によって変えていた。(例えばCORE RED,WHITEなど)

しかしCORE FOAMというブランクスメーカーが南九州の材木屋さんとコラボレーションしたのがCORE FOAM X KIRIFLEX

DSC_0839

KIRIFLEXは南九州産の『桐』で作ったストリンガーの事で、この『桐』素材は国内の木材の中で最も軽いという特徴を持っている。

また湿気に強く、割れやねじれが少なく、耐久性に優れているという特性はサーフボードブランクスのストリンガーとしては必要不可欠である。

DSC_0850

IMG_0013

今回のオーダーフェアの特典でもある KIRIFLEXオプションでは、その『桐』の特性を活かしたサーフボードオーダーをお勧めしています。

 

テストをしたMATCHI SHAPESのフィードバックでは『FLEX感は最高で、しっかりと足に張り付いてくるようなしなりを感じられます。』と回答。

11393396_852261751493742_4148628229812373210_o

またKIYO BOSSはかなり前からテストをしていて、『やはりビーチブレイクなど少しパワーレスな波の方が適している』『硬く、パワーのある波だとしなりすぎる』と回答。

kiyo_malibu

もちろん、乗り手の意見はメリット、デメリット様々ですが、トタール的に中軽量のサーファーや波のコンディション的にパワーが弱いようなコンディションにおいてはそのパフォーマン性は優れているようです。

しかし重量級やパワーサーフィン、またパワーのある波においてはしなりが強くですぎてしまうこともあるようです。

 

以上KIRIFLEXについてでしたが、オプションに関してどれを選択するかはあなたの自由。あなたにとって必要とされるオプションで最高の1本となるサーフボードをオーダーしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

NAVIGATOR SURFBOARD A&W ORDER FAIR “OPTIONS FREE”開催中!! 12/27まで

aw_orderfair_pop_web4