Category Archives: CONTEST

THE9th NAVIGATOR SURFBOARD SURF FESTA “SHIDA 1173” ①

Print

先週7月23日(土)-24(日)に開催されたTHE9th NAVIGATOR SURFBOARD SURF FESTA “SHIDA 1173”

大会3日前まで波ひざ〜もも、雨というコンディションが続き、1日前に胸前後セット肩までサイズアップ、曇りという状況になった。そしてフェスタ当日・・・見事な晴れ模様になりました。(ミラクルヤバすぎです!)

C63I3945

 

 

風は少し北寄りでしたが、波のサイズ・コンディションは十分な状態で初日スタート!!

C63I3995

 

 

今年は北は青森県から西は福岡県全18チーム、160名ほどの選手が参加してくださいました。応援団を含めると会場には200人近くのNAVIGATOR・LSDファミりーが会場の志田下に集結。

428A7969C63I4141

 

 

 

NAVIGATOR SURFBOARD DA BOSS “KIYO”から開会の挨拶

C63I4135

 

 

昨年度チームチャンピオン、7連覇を遂げている静岡代表”GROTTO”の伊藤陽介オーナーより盾返還。

C63I4150

 

 

選手宣誓は同じく”GROTTO”の若手、NAVIGATOR BOYSでサーフィンを始めた時からずっと応援している”大石イブキ” (アポなしでした・・・)

C63I4167

 

いよいよ初日のスケジュール各クラスのROUND1からスタートです!!

428A7946C63I4101C63I4043C63I3987

 

 

初日大会ライディングへつづく・・・

MATT BANTING SURFING CLIP “MIDNIGHT SUN”

南アフリカで開催中のBALLITO PRO
スクリーンショット 2016-06-29 16.29.56
CT参戦中のLSD SURFBOARDS TEAM RIDER “MATT BANTING”は第6戦のJ-BAY OPENに合わせて南アフリカ入りし、QS10000グレードにも出場する。
現在CTランキングは30位と降格圏内にいるMATT、保険でグレードの高いコンテストでQSランキングをキープする作戦か。
とはいえ、CTイベントでもまだまだランキングを上げる可能性も高く、中盤戦から一気に勢いをつけて上位に食い込んでもらいたい。

MATTはROUND2 HEAT21にクレジット
スクリーンショット 2016-06-29 16.31.43

Midnight Sun from Matt Banting on Vimeo.

7月23-24日はTHE9th NAVIGATOR SURF FESTA “SHIDA 1173″

Print

いよいよ今年もTHE 9th NAVIGATOR SURF FESTAの日程が決定いたしました!

7月23()-24日()の2日間、今年のQS6000で盛り上がった志田下でもちろん開催いたします!!

2010年東京オリンピックの正式種目決定が直前に迫っている中、開催地の最有力候補地として”志田下”の名前が上がっております。

今回のQS6000の際にも世界のトップサーファーを虜にした”志田下の波”は、サーファーにとって一度は入ってみたいポイントだと思います。

そして改めて”志田下の波”をアピールする為に、今年のテーマはそのまま”SHIDA1173”に決定いたしました!

当日の天候、波は予想はつきませんが、最高のフェスタにする為に願いを込めてこのテーマにしました。

是非、全国のディーラーの皆様、チームの皆様を連れて参加してください!!

第1回の優勝チームは”BLISS”、その後、7連覇を果たしている”GROTTO”を破るチームは果たしてでてくるのか!? 団体優勝の行方もとても楽しみです!!

それでは皆様、7月23-24日の2日間は”SHIDA 1173”で夏のスタートを満喫しましょう!

たくさんのエントリーお待ちしております!!

<エントリー方法について>

*2日間連続出場できるNAVIGATOR・LSDサーフボードのユーザースになります。(ピヨピヨ、ビギナー、スポンサー有、取引1年目のディーラー様を除く)

*NAVIGATORGR・LSD SURFBOARDS 各ディーラー様にて7月10日(日)まで受付。

*NAVIGATOR・LSD SURFBOARDSの各ディーラー様はエントリー用紙、エントリー費を一緒に現金書留に同封し、4STAR宛に郵送願います。(7月13日消印迄有効)

*エントリー用紙、エントリー費確認後、エントリー完了。

*各クラス定員数にて〆切いたします。(先着順)

*FAXでのエントリーは一切受付いたしません。

以上をご了承の上エントリーお願いいたします。

今年も開催 ! “SHIDASHITA OPEN OF SURFING”!!

 

13339561_1036377309790602_2043938623689414485_n

次世代サーファーの輩出、発掘、バックアップをテーマとしてプロジェクトされたHurley presents “SHIDASHITA OPEN OF SURFING”が今年も6月26日(日)、もちろんのこと”志田下”で開催される。エントリーは6月13日(月)まで。

すでに締め切っているクラスもあるが、まだエントリーは継続中。

NSAのホームページもしくは”SHIDASHITA OPEN OF SURFING”FACE BOOK PAGEにて詳細を確認してみてください!!

NSA HP

“SHIDASHITA OPEN OF SURFING”FACE BOOK PAGE

 

世界を夢みている次世代サーファーはマストエントリーだっ!!

 

 

12208745_916305365131131_4540031755440912200_n2015 AA FULL OPEN CLASS WINNER “YURI OGASAWARA” 15YEARS OLD

 

 

 

 

QS6000 PHOTO & MATT BANTING SHORT MOVIE

QSQS6000 ICHINOMIYA OPENには LSD SURFBOARDSのアンバサダーも出場してしていました!

ブラジルからはTHIAGO・CAMARAO
スピード・切れのあるサーフィンをみせていたTHIAGOだが惜しくもRound4敗退。
使用ボード:MODERNLOVER
THIAGO_QS6000_2
THAGO_QS6000

タヒチからはO’neill Massin
ROUND1~3まで逆転劇で勝ち上がったMASSINだがROUND4で稲葉レオプロに敗れ敗退。
使用ボード:Chubby Chedda EPS
MASSIN_QS6000_2
MASSIN_QS6000

そしてJPSAシードを獲得しROUND2からの出場だった大澤伸幸プロだが、波とのリズムが合わず敗退。
使用ボード:MODERNLOVER
NOB_QS6000_1
NOB_QS6000

しかし、世界のハイレベルなコンテストにおいてLSD SURFBOARDSが使用されていたのは、間違いなくワールドクラスのボードの証拠。
CTでも、そろそろ”MATT BANTING”の優勝がみたいところですね。

QS6000 ICHINOMIYA OPENにも来てもらいたかった”MATT BANTING”のショートムービーがSURFING MAGAZINEに出ていました。
是非チェックお願いいたします!!

Factory Part: Matt Banting from SURFING Magazine on Vimeo.

QS6000 ICHINOMIYA OPEN

QS6000

いよいよ23日(月)からWSL QS6000イベント” ICHINOMIYA OPEN”がスタートします。

明日22日(日)はジャパントライアルがスタート!!

NAVIGATOR TEAM からはBOYS TEAM島田碧人、PRO RIDER児玉椋が参戦!!

名称未設定-7008QS6000_T1-11

 

AOTOはトライアルROUND1 HEAT11

 

ryo-kodama_C2A5172QS6000_T1-9

JPSA第1戦で7位入賞したRYOはトライアルROUND1 HEAT9

 

 

またすでに本戦に出場する選手の中でTEAM LSD SURFBOARDS BRAZIL のTHIAGO CAMAROもすでに来日している。

THAGOCAMAROTHIAGOCAMARO2QS6000_R2-H9

 

そしてJPSA枠でシード権を得たLSD SURFBOARDS愛用中の大澤伸幸プロも出場。

IMG_2590QS6000_R2-H2

 

AOTO、RYOが参戦するトライアルから本戦への出場権はファイナルリスト4名のみ、約40名のサーファーが戦う。

 

TEAM NAVIGATOR SURFBOARD、LSD SURFBOARDSの活躍を楽しみにしていてくださいね!!

お近くの方は是非是非コンテスト会場までお越しください!!

遠方の方は是非是非ライブチェックお願いいたします!!

 

詳細はこちらから

QS6000 ichinomiya chiba open FACE BOOK

QS6000 ichinomiya open LIVE

 

 

NAVIGATOR SURFBOARD ORDER FAIR “GO TO” for SPRING&SUMMER只今開催中!!

NAVIGATOR X TRANSPOTER COLLABORATION SHEET COVER プレゼント!!

20164star_Surfinglife_data_final_webTRANSPORTERコラボシートカバーINFO

 

 

 

 

 

 

 

 

コンテストシーズン IT’S ON!

4月に入りNSA,JPSAと日本の各地でコンテストシーズンがスタートした。

まずNAVIGATOR BOYS TEAM 長谷川”SOTA”颯汰(BLISS SURF所属)はNSA AAグレード白浜スプリングカップ ボーイズ・ジュニアクラスで準優勝

SOTAは2月にISAのコーチングを受け、田中大貴プロ、川合美乃里プロらと1ヶ月間ののオーストラリア修行を行っていた。

CTシーズン中ということもあって激混みのスナッパーであったが、蛍光グリーンの目立つトランクスでGOOD WAVEをキャッチしていたのが印象的であった。

サーフィン自体にパワーがつき、エアーの完成度も上がってきた今年のSOTAは本当に楽しみだ!

IMG_4393

 

NAVIGATOR BOYS TEAM 岩見”10C”天獅(WREATHS SURF所属)も約 2週間のオーストラリア修行から帰国後、NSA AAグレードキッズクラスで四国・白浜と2連勝。

IMG_4358

そして4月21日からアメリカのNSSAコンテストに参戦するために渡米し、10日も経たない間に早くもVOLCOM TCT SQUIDクラスで優勝、NSSA Southwest Explorer Super Groms優勝、NSSA Southwest Explorer Menehuene4位という快進撃を果たしている。

IMG_4431IMG_4398

 

6月にアメリカで開催されるNSSA NATIONALの出場権を得るために1ヶ月間がんばれTENSHI !!

 

 

インドネシア・バリ島で開催されたJPSA第1戦ではLSD SURFBOARDSを愛用している大澤伸幸プロが準優勝!mens_U0A1162

 

 

 

そして我らがNAVIGATOR PRO TEAM児玉椋は昨年39位にもかかわらず、初戦から好スタート! 7位入賞となった!!ryo-kodama_C2A5172

2016年のライダー陣のコンテスト結果が楽しみです!!

皆様応援よろしくお願いいたします!!

 

 

 

 

 

NAVIGATOR SURFBOARD ORDER FAIR “GO TO” for SPRING&SUMMER只今開催中!!NAVIGATOR X TRANSPOTER COLLABORATION SHEET COVER プレゼント!!

20164star_Surfinglife_data_final_web

TRANSPORTERコラボシートカバーINFO

 

 

 

 

 

SHIDASHITA OPEN OF SURFING 2015 インサイドストーリー

1200年以上の歴史が続く、千葉県指定無形民俗文化財 ”上総十二社祭り”の舞台となる釣ヶ崎海岸、通称志田下ポイントで ”次世代サーファーへのバックアップ”という1つの目標を掲げ、日本の若手サーファーの育成・発掘になるようなハイレベルなコンテストを開催しとうということから初開催されたSHIDASHITA OPEN OF SURFING 2015

SHIDASHITA-OPEN-POSTER-1ST-COMPweb3

今回このコンテストを開催するにあたり、千葉県長生郡一宮町、一宮町サーフィン業組合の後援をはじめ、多くのご協力をいただきました。

また『HURLEY』様が日本で初めてアマチュアサーフィンコンテストのメインスポンサーとしてコンテストをサポートしていただきました。

yoge-2321yoge-2335yoge-2308yoge-2320

 

コンテストは選手を第一優先に考えたいという気持ちでスタッフ一同運営を行いました。もちろん当然のことではありますが、11月のコンテストということもあって少し寒い季節でしたので、風を避けるコンペティタールーム、昼のお弁当には暖かい豚汁をサービスいたしました。

ワールドツアーのようなVIP待遇までは無理なことですが、なるべく参加いただいている選手がリラックスしてコンテストに臨めるような環境を用意してあげることも私たちの課題でした。(初開催のイベントなので至らない点も多くあったと思いますが、来年に向けて修正していきたいと思っております。)

COMP_ROOMTONJIRU

 

 

またコンテストMCにはWSL JAPANでもMCをされている中島豪さんにインフォメーションコールを行っていただき、スムースな進行を行っていただきました。

コンテスト中はMCとBGMでコンテスト会場の”音”にこだわり、居心地の良い空間を演出しました。

yoge-2314

 

ちなみにタイムキーパーは大原洋人プロの母(ユッキー)です。MC

 

BE WET ブースBEWET

 

 

GEEK OUT ブースGEEKOUT

 

 

PATAGONIAブースPATAGONIA

 

コンテスト終了後のビーチクリーンではゴミ袋をPATAGONIAさんにご提供いただきました。

BEACHCEREAN

 

コンテスト会場 志田下BACKSTAGE

“SHIDASHITA OPEN OF SURFING”は選手のためのハイグレードなコンテストを今後も長きにわたり開催し続け、歴史に名を残すようなコンテストにしていきたいと思っております。ただし、全国で開催されているサーフィンコンテストは海を守る地元サーファー、団体、町などの多くのサポートによって開催されていることは認識していただきたいと思います。これはコンテストだけでなく、フリーサーフィンする際も同じで、自然の中で行うスポーツとしてしっかりとしたルール・マナー・モラルを個人個人が理解し、サーフィンをしていただくことが、日本のサーフィンのレベルやクオリティー、評価などを高くすることに繋がるからです。

運営するスタッフ・ジャッジなども選手をリスペクトし、選手もコンテスト自体に敬意をはらい参加すれば、もっと素晴らしいコンテストになると思います。それにより、賛同していただけるスポンサーの方々が増え、選手・スタッフ・関係者等すべての人々が充実し満足できるコンテストが実現できると思います。

今後そのようなコンテストが増えれば、2020年のオリンピック競技として”サーフィン”が世界中の人々にしっかりとPRできるスポーツなると確信いたします。

最後に2015年第1回目の”SHIDASHITA OPEN OF SURFING”にご協賛いただいた企業・メーカー様、誠にありがとうございました。そして今後とも末長く宜しくお願い致します。

(株)4STAR  SHIDASHITA OPEN OF SURFING運営事務局

 

 

 

SHIDASHITA OPEN OF SURFING 2015

 

<オフィシャルスポンサー>

HURLEY

NAVIGATOR SURFBOARD

LSD SURFBOARDS

INSPIRE SURFBOARD

ROCK HOPPER

4DIMENSION

BE WET

MAX XL WATCHES

SURREAL

BLACK FLYS

PATAGONIA

RANSOM WAX

GEEK OUT INC.

JET CHOP

GO PRO

FCS

DESTINATION

CREATURES

 

<メディア>

COLORS MAGAZINE

DELTA FORCE